探偵の価値とは

多くの人々が住み働く街で必要な職業は多種多様である。探偵は人がいてこそ存在する事から考えれば「街と共存」している職業と言える。

人の「欲求や強い思い」が探偵への依頼の源となっている。 人間が生きてゆくために必要なエネルギーには「気持ちの部分」が大きく作用する事から、「生きる源」を調査する場合も時として存在し依頼人の人生に大きく関わる。

「人生の岐路」などの言葉に代表される大事を気持ちの上で後悔なく通り過ぎるためにも「間違いがない判断」をチョイスしたいと考えることだろう。

「家族の問題」や「夫婦の問題」、仕事に関わる大切な情報などが「信用できる」探偵によって提供される事は理想でありスマートに問題と対峙できると言える。

心配事や悩みを抱えた日常生活が如何に不安定で虚無感に苛まれた時間であるかは皆さん知るところだろう。 心身ともに充実した日常と平穏な生活を送るために、障害やトラブルに遭遇しても「頼れる探偵」と評判や評価を得ている探偵業者と接点を持つことは有意義であると思う。 障害やトラブルを解消するための証拠や実態を提供するのが探偵の価値だからである。

期待を裏切らない探偵

依頼人が望む結果に応える事が「期待を裏切らない」とは言い難い。

なぜなら、「人の心は変化」し感情の影響を多分に受けるからである。探偵が調査した案件の結果が「依頼人の思惑通り」の結果ならば概ね期待に応えたと言える。

もし、探偵がもたらした調査報告が依頼人の意に反する結果であっても「もたらした結果が依頼人に変化」をあたえ「考え方」や方向性に変化が生じる。 全てのケースに当てはまる事はないが「心に届く仕事」が依頼人を変えると言う事なのだろう。

世間では評判の悪い業者が実際に存在している事から「探偵の評価」は大いに下がっていると言え、「信頼」と「誠意」という実直な仕事を積み重ねてきた探偵達の障害になっている。

このような誠意ある探偵が報われていないのが現在の探偵業界かもしれない。探偵も資金力のあるものがデカい顔をする例に漏れないのである。

良心ある探偵たちの力でこの業界の現実を少しずつ変えていかなければならない。そして、「探偵」の社会での認識向上に少しでも繋がってゆく事を期待したいと考えるのです。

このままでは、モラルに欠け、場合によっては犯罪的な一部の探偵社に汚染され続けることになるだろう。

依頼者の期待に応えられる探偵というものを常に心がけていたいものである。

このページの先頭へ